お問い合わせは、

03-3855-6033

 

餅つきのやり方

ここでは、餅つきのやり方をご紹介します。


必要な餅つき道具を揃えてしまえば、意外と簡単に出来てしまいます。


昔ながらのお餅つき♪♪


大人になって忘れかけていた、
子供のころの純粋な気持ちを、思い出させてくれます。
もちろん、お子様には大変な思い出になるかと思われます・・・

 

<餅つき前日の準備>

1 もち米を用意しましょう。

  もち米2升(2.8kg)で、

  たこ焼き位の大きさのお餅が約100個、出来上がります。

2 もち米を洗米し、たっぷりの水につけておきます。
  十分に吸水させてください(最低でも8時間)。

3 臼・杵をよく洗い、一晩、水につけておきます。
  乾燥していますので、水に馴染ませてください。

  前回の使用が1年前という場合などは、

  熱湯消毒を、3~4回繰り返してから使用する方が良いでしょう。

4 せいろ布巾は、熱湯消毒し、干しておきます。
5 あんこ・きなこなど食材の準備も、前日に済ませておけば安心です。

  きなこ、砂糖はザルでこすと、キメが細やかになり食感も滑らかになります

  きなこ、砂糖の比率は、1:1.5程度がよいでしょう。

  胡麻も、同様です。

  あんこは、お湯を足して少しのばすと、お餅にからみやすくなります。

<餅つき当日の準備>

1 とにかくお湯をたくさん使います。

  常に、沸騰したお湯の準備をお願いします。

2 前日洗米した餅米は、つき始める1時間前にはざるにあげて水を切ります。

  よく水を切らないと、蒸しあがりのもち米に差が出るような気がします。

3 うす・きねに熱湯を張り、温めます。

  その際、せいろ布巾をかぶせると良いでしょう。

4 合いの手用の、水桶・しゃもじ・衛生手袋なども用意して下さい。

5 もち米をせいろで蒸します。

  餅米は蒸すと膨れますので、せいろの容量の8分目までしか入れません。

  ドーナツ状(真中をへこます)にしてもち米を入れると、早く蒸しあがります。
  使用する道具にもよりますが、1段が15分程で蒸しあがります。

      1 うすに張ったお湯を取り除き、布巾で拭きとります。

2 この時点で、あんこ・きなこ・のり等の食材の準備を終わらせておきます。

3 蒸し上がったもち米を、臼にあけます。

  蒸しあがりは実際に食べてみて、赤飯くらいの硬さになったらOKです。

  蒸しあがったもち米は、とても高温です。

  取り扱いには、十分注意してください。

4 杵で、もち米をこねます。
  男性2人で、うすを時計周りに動きながら行います。
  米粒がつぶれて、もち米がカタマリになってきたら、搗き始めます。

  この作業で、7割くらいまでお餅に近い状態に仕上げます。

5 つき手、合いの手は、リズム良くお願いします。
  掛け声なんかあったら、最高です。
  つき手は、杵のヘッドの重さを利用するイメージで。

1 出来上がったお餅は、一口大に丸めてください。

  お餅を丸める際は、まるもち君が便利です。

  もち米2升(2.8kg)で、たこ焼き位のお餅が約100個出来上がります。

2 あんこ、きなこ、黒ごま、納豆、のり、ずんだ、くるみ、よもぎ、桜海老など、
  地方、家庭によって様々な味付けがございます。

  白ごまよりも、黒ごまの方がお餅に合います。

   あんころ餅(こし餡よりつぶ餡の方が、お餅に合います)

   きなこ餅

   黒ごま餅

   いそべ餅

   くるみ餅

   からみ餅(大根おろし)

3 お雑煮、お汁粉、とん汁なども、喜ばれます。

4 食べきれないお餅は、お鏡餅・伸し餅などにしてください。

<餅つきが終わったら>

  餅つきが終わった後の道具には、お餅、米粒などが付着しています。

  すぐに洗浄しないと、なかなか落ちません。

  道具に付着したお餅が固まる前に、お湯とたわしできれいに洗浄しましょう。

  木製品ですので、洗剤は使用しないでください。

  当店では、煮沸した後に、天日で乾燥させています。

  翌年まで使用しない場合などは、

  特に念入りに洗浄、天日干しを行ってください。

  カビやひび割れの原因になります。

 

  せいろなどは、乾燥後、新聞紙などにくるんで保管すると良いでしょう。