お問い合わせは、

03-3855-6033

 

BLOG

 

ゴードンのスタッフブログになります。

お餅つきに関する、様々な情報を発信していきます。

 

◎当社スタッフ一例

                                 平成24年12月18日

スタッフの一例になります。

当社スタッフは、比較的若いスタッフが多いです。

 

若いスタッフですが、お餅つきのプロとして現場に出しておりますので、安心してお任せ下さいませ。

 

30代40代のスタッフもおりますので、お客様のご要望がございましたら、年齢層をあげる事も可能です。

 

皆様が楽しい一日を過ごして頂けるように、日々精進して参ります。

 

                                 平成24年12月15日

◎TV撮影現場でのセッティング

 

某テレビ番組での撮影現場の設営です。

このように、安全面に問題がなければセッティングはどんな場所でも可能です。

スタジオから屋外の撮影からすべてご対応可能となります。

 

撮影などでご利用の際は、購入するより低価格にてご準備が可能です。

お餅つきの機材ま手配にお困りの際は、ゴードンにお任せください。

お客様が必要な器材のみのレンタルもお受けしております。

 

◎お餅の盛りつけ例

                                 平成24年12月14日

お客様に配布する際の、盛りつけの例です。

 

こちらは3つづつお配りする際の、盛りつけとなります。

発泡皿に盛りつけをし、配布させて頂いております。

 

お餅をお配りする個数に合わせ、お皿の大きさを変更させて頂いております。

ご注文頂く際に、スタッフとご相談下さいませ。

 

お持ち帰り用には、プラスチックの蓋付きをご希望があればご準備致します。

 

当日の配布例の一例としてご覧くださいませ。

 

◎お餅つきにも下ごしらえが重要

                                 平成24年12月13日

美味しいお餅を作るためには、下ごしらえが大切です。

美味しい料理を作るためにも、下ごしらえは重要ですよね。

お餅も同じことです。美味しいお餅を作るためには準備が必要なのです。

 

蒸したもち米をそのままついてしまうと、もち米が飛び散り、そして出来上がりも米の粒が残った粗い餅になってしまいます。

 

お餅をつく前には、まずもち米をしっかりと潰す作業が必要です。

下の写真のように、しっかりと杵を使い、もち米を潰しましょう。

 

もち米の粒がある程度なくなるまで、しっかりと潰すことが、きめ細かなお餅をつくる為に必要なことなんですね。

 

上と下の写真を比べてみて下さい。

上の写真は潰し始めの写真です。まだもち米の形がそのまま残っていますね。

下の写真はどうでしょう。上の写真と比較すると、粘り気があり、もち米の形がほぼなくなっているのが見てわかると思います。

 

下ごしらえを行ってついたお餅はなめらかで、食感も全然違いますよ。

お餅つきをする際は、下ごしらえを忘れずにしてくださいね。

 

◎お餅の配布場所の設営例

                                 平成24年12月11日

お餅つきを開催する際の、お餅を配布する設営例になります。

 

このように、あんこ、きなこ、ごま、のり等をあらかじめテーブルに準備。

横にはお餅を切る、まる餅くんをセットし、手際よく配布できるようにします。

当社のスタッフが、こちらでお餅をつくり配布させて頂きます。

 

順に並んで頂ければ、お好きな味付けをお伺いし、お作りさせて頂きます。

皆様でついたお餅を食べて頂けますので、より一層美味しく感じるのではないでしょうか?

 

こちらは、設置例の一例であり、参考までにご覧頂ければと思います。

当日は、お客様の会場の状況に合わせご準備させて頂きます。

 

◎昔ながらの焼きもち

                                平成24年12月10日

今では、手軽に自宅で焼きもちが食べることができ、焼いても形が崩れない、だから網にくっつかない等の技術等とても便利になりました。

 

もちろん毎回お餅をついたりする事はできませんよね。

だからこそゴードンでは、お餅つき大会を開催されたお客様に、ついたお餅を焼きもちとして、お召し上がり頂きたいと考えております。

 

形は不細工ですが、味は保障します。

写真のように、どこから餅がはみ出てくるかはわかりませんが、あっという間に焼けますよ。

想像以上に柔らかく、とっても美味しいです。

お餅つきを計画される際、お持ち帰り用に皆様にご提供しても、大変

喜ばれると思います。

 

不細工だけど、とっても美味しい焼きもちをぜひご賞味くださいませ。

 

 

◎人数様に応じてご準備可能です

                                  平成24年12月9日

当社では、人数様に応じてご対応が可能です。

 

お客様のご要望に応じて、臼や杵の数や、配布するお時間により、必要な器材をご案内させて頂きますのでご相談下さいませ。

 

お餅つき大会の進行が無理なく行えるように、迅速且つ的確に、ご提案させて頂きます。

 

幹事様も、初めての経験でご不明な点も多くあると思いますし、ご不安かと思いますが、安心してご利用下さいませ。

 

下記の写真は、一度に約24kgのもち米を蒸す事ができます。

◎お持ち帰り用にパック詰めもできます

                                   平成24年12月8日

お餅つき大会終了後、余ったお餅はパック詰めにして、お持ち帰り頂けます。

 

味付けをしたお餅や、味付けをせずに、お持ち帰りいただく事も出来ますが、おすすめは味付けをせずに、白いお餅のまま、お持ち帰り頂くのが宜しいかと思います。

 

ついたお餅は、時間が経過すると固くなってしまいます。

白いお餅のまま、お持ち帰り頂く事で、ご自宅でカットして、焼きもちとして美味しくお召し上がり頂けます。

 

また、電子レンジで温めれば、またつきたてのような柔らかいお持ちになりますので、お好みで味付けをして頂き、食べて頂くことができるからです。

 

経験上のスタッフの意見になりますのでご参考までに。

 

◎お餅つきとバーベキューのコラボ

                                   平成24年12月7日

お餅つき大会とバーベキューについてご紹介します。

当社では、お餅つきケータリングの他に、バーベキューのケータリングサービスも行っております。

 

バーベキューのできる公園や、会社の敷地内等でも行うことができます。

 

飲み放題プラン等もございますので、お餅つき大会後、皆様でバーベキューを楽しんで頂き、忘年会や新年会としても、ご利用して頂けます。

 

当社は、炭火のグリルを使用しておりますので、ついたお餅を焼きもちとして、美味しく食べて頂けますよ。

 

ぜひ一度、ご利用してみてはいかがでしょうか?

 

◎披露宴でのお餅つき

                                   平成24年12月5日

最近ご注文を頂くことが多くなった披露宴でのお餅つき。

新郎新婦様にとって、一生に一度の大切な日。

その大切な1日の思い出の1ページとして、記念になるのではないでしょうか?

 

当日の進行等は、お客様のご要望にお任せ致します。

スタッフは事前にお伺いしたご要望に合わせご準備させて頂きます。

また、ついたお餅はその場でお召し上がり頂くことも出来ます。

 

お持ち帰り用には、事前にご準備させて頂いた、紅白餅を合わせてご注文頂くお客様が多くいらっしゃいます。

 

大切な1日のお役に立つことができたらと思っております。

 

◎紅白餅

                                  平成24年11月26日

当社では、紅白餅もご用意することができます。

ゲストの方への、お土産としてとても人気があります。

 

当日の朝、お作りしたものをお持ちいたします。

当日お作りしたものですので、出来立てのお餅と同じ食感をご自宅で味わって頂くことが出来ますので、当日参加できなかった方にお配りしたいというご依頼も多くあります。

 

電子レンジで温めれば柔らかいお餅になりますし、

焼きもちとしても美味しくお召し上がり頂けます。

 

写真の紅白餅は箱入りで、のし紙もお付けできます。

別に、ご予算を抑えたいお客様には、簡易包装でのご用意も可能です。

お客様のニーズに合わせて、ご用意させて頂きます。

 

◎北山たけし様、新曲発表の集い。

                                     平成24年11月24日

当社では、芸能プロダクション様からのご依頼も多く頂いております。

こちらは23日に開催された、北山たけし様新曲発表の様子です。

 

その他でも、雑誌の撮影や、テレビの収録現場でのケータリングや、長期間のイベントにも、幅広くごご利用頂いております。

お正月の番組収録等にもご利用下さいませ。

 

現場では、お餅つきを開催する裏方として、当社スタッフが同伴させて頂いておりますのでご安心下さいませ。

 

お餅つきは大変盛り上がり、皆様楽しんで頂けると思います。

ぜひ、ご興味がございましたらお問合わせ下さいませ。

 

餅つき 出張

◎衛生管理について

             平成24年11月23日

当社では、衛生面に十分配慮し、使用後は熱湯にて消毒後、配達前も再度熱湯消毒を行っているため、安心してご利用頂けます。

 

お客様に、ご提供させて頂く前には万全な体制を取らさせて頂いており、また、当日現地でも再度消毒を行います。

 

お餅つきをする際は、お餅を素手で掴むことは絶対に行わないようにしましょう。食中毒等の感染の原因は、お餅を素手で触ったりすることによる感染が殆どです。

 

ビニールの手袋をはめ、消毒液にて消毒を行う事が大切です。

当社スタッフがお伺いする際は、問題ございませんが、機材のレンタルの場合、お客様にて開催するため、きちんとした知識を持ち、安全対策をご理解いただいたうえでご利用下さいませ。

 

臼杵セット レンタル
餅つきセット レンタル

◎お餅になるまでの過程のご紹介

平成24年11月22日

お餅つきの過程を簡単にご説明します。

 

まずは、使用するもち米を8時間前には軽く洗い水につけましょう。

次に、セイロ布巾に約3㎏のもち米を包みセイロにのせます。

セイロの釜には8分目位の沸騰したお湯がベストです。

あまりお湯が多いとベトベトしたお餅になってしまいます。

 

そこから、気温にもよりますが、約15分から20分蒸します。

途中もち米の状態をチェックしてくださいね。

 

この過程を行えば、美味しいもち米の準備が完了です。

 

餅つきをすね臼には、熱湯をたっぷり張り、事前に臼と杵を温めておいて下さいね。臼や杵が乾いていたりするとお餅が付いてしまうのでご注意下さいませ。

そこまでがお餅つきをするための流れになります。

 

ある程度、この過程を守って頂ければ失敗することは多分ないでしょう。

当社では、お餅つきに精通したスタッフがお伺いいたします。

 

若いスタッフが多いですが、教育した上で現場に向かわせておりますので、ご安心下さいませ。

 

出張もちつき
出張もちつき 関東
餅つき ケータリング
臼杵 レンタル

住宅展示場~室内にて

平成24年11月21日

モデルルームなどの住宅展示場でのお餅つきの様子です。

室内でも問題なくお餅つきを開催して頂けます。

 

床には、むしろや場合により、ビニールシートやクッション等を使用し、室内に汚れや傷がつかないよう細心の注意を払い開催に努めさせて頂きます。

 

室内のお餅つきも多く開催させて頂いておりますので、安心してご利用頂けると思います。

 

また、展示場などはご家族でご来場される方も多いと思います。

お餅の他に、お子様が喜ぶ駄菓子などもご一緒にご準備することも可能です。

 

住宅販売の促進、住宅をご購入頂いた方との交流の場としてご利用頂ければと思います。

◎いろいろな味付けがございます。

平成24年11月20日

当社の、基本セットは、あんこ、きなこ、ごま、のりをご用意しております。

 

お客様のご要望に応じて、ずんだやくるみ醤油、おろしや納豆などのご準備も可能です。その他にもご要望があればご用意させて頂きます。

 

お醤油でもわさび醤油にしたり、納豆にキムチを混ぜたりと、お餅の食べ方は色々ですね。

 

つきたてのお餅は、柔らかくこしがあり、そのまま召し上がっていただいても、本来のお餅の美味しさを感じて頂けると思います。

 

皆様でご相談頂き、お好きな味をプラスしても良いかもしれませんね。

 

出張もちつき
もちつき ケータリング
餅つき やり方
餅つき 準備

◎お母さんの味~豚汁もあります。

平成24年11月19日

お餅つきと一緒に、豚汁はいかがでしょうか?

 

豚汁が、寒い地域や寒い時期に食べられる事が多いのは、豚肉から出る脂がスープの表面を覆い、冷めにくいからです。

 

お餅つきを開催する時期は、寒い時期に多く行われる為、冬の時期にぴったりなのが豚汁なのです。

 

また、色々な具材が入っている為、栄養も多く含まれています。

 

ゲストの方にも喜ばれる1品です。

 

当社でも多くご注文を頂いている人気の高い商品となります。


出張もちつき
出前餅つき

◎餅つきの際のスタッフ服装のご要望

平成24年11月17日

お餅つきの際、当社スタッフは通常エプロンにはっぴを着用しお伺させて頂きます。

 

お客様からのご要望があれば、お客様がご用意頂いた服装に着替えお手伝いさせて頂く事も可能です。

その際はどのような着衣か事前にご相談下さいませ。

出来る限り、お客様のご要望にお応え致します。

 

しかしながら、お餅つきのお手伝いが困難な服装など、場合によりご要望にお応え出来ない場合もございます。

 

予めご了承くださいませ。

こちらは、お客様がご用意頂いたはっぴと足袋てす。

◎手作りお鏡餅

平成24年11月16日

鏡餅(かがみもち)とは、餅を神仏に供える正月飾り(床飾り)であり、 穀物神である「年神(歳神)」への供え物で、日本の伝統です。

 

重ねた餅はそれだけでめでたさを表し、さらに海の幸、山の幸も添えてささげ、新しい年も 豊かな実りがあるようにとの願いを込め、同時に正月の恵みを受け、この一年を無事に過ごせるようにとの願いも込めています。

 

新しく始まる1年が良い年になることを願い、手作りで鏡餅を作ってみてはいかがでしょうか?

 

主張餅つき 神奈川
出張バーベキュー 埼玉

◎上棟式 祝い餅つき

平成24年11月15日

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式です。

 

昔は、上棟式に投げ餅をするのは当たり前の時代でした。

現在ではほとんど見かけなくなりました。投げ餅という言葉自体はじめて聞いたという人が増えています。

投げ餅とは、上棟式に屋根から餅を投げて、地域の人に拾ってもらい皆で祝ってもらうのです。 

 

現在では、高層ビルの建設が多く、投げ餅をすることが難しくなってきておりますが、形は変わっても、棟上げまで工事が、無事に終了したことに感謝し、建物の完成を祈願する事でお餅つきをご利用して頂ければと思います。

 

上棟式 祝い餅つき
上棟式 祝い餅つき
上棟式 餅つき

◎当店のけやき臼

平成24年11月12日

日本を代表する銘木「欅(ケヤキ)」を素材にした、餅つき臼と杵です。

今では、大きなけやきも少なくなってきました。

当社では、けやきの臼・杵専門店の商品のみを使用し、定期的なメンテナンスを行っておりますので安心してご利用頂けます。

 

けやきには美しい模様の杢(モク)がよく出ます。

杢(モク)とは美しい木目のことで、けやきでは如鱗杢 (じょりんもく)という、魚のうろこのような美しい模様が稀に見られるそうです。

 

臼は2つと、同じものはありません。全て、自然が作り出したものだからです。けやき本来の、美しい木目をお楽しみ頂けると思います。

 

出張もちつき
お餅つき

◎電動餅つき機~ぺったんこ

                                  平成24年11月11日

お餅つきを開催する際に、ゲストが多い時や、開始時間から提供するまでの時間があまりない時など、そんな時に便利なのが『ぺったんこ』です。

 

お餅つきを開催している際に、スタッフが『ぺったんこ』を使用し、お餅を作ります。お餅つきが終わるタイミングに合わせ、ついたお餅と一緒に提供することができます。

 

『ぺったんこ』を使用することにより、ゲストの方をお待たせすることなく、お餅を提供することができます。

 

その他にも、お子様やご年配の方が多い餅つき大会の際に、ある程度お餅に近い状態にすることができるので、もち米をこねる作業や、お餅をつくのが大変だと感じるお客様も『ぺったんこ』があればその悩みも解決することができ、お餅つきを楽しんで頂けると思います。

 

用途に合わせご利用頂くことにより、お客様がお餅つきを無理なく楽しんで頂くことができる優れものです。

 

◎便利で衛生的~まるもち君

                                 平成24年11月10日

今までは、手でお餅をちぎっていましたが、つきたてのお餅は熱く、形も均等にならなかったりしていたと思います。

 

現在では好きな大きさにカットができる、まるもち君というお餅つきには欠かせない器材が開発されました。

 

ついたお餅を中に入れるだけで、あとは手動でクルクル回すだけで、お好みの大きさの丸いお餅が簡単に作れます。

 

まるもち君から出るお餅をカットするだけなので、衛生面にも大変優れているので安心してご利用頂けます。

 

写真はまるもち君の実例になります。ご覧ください。

 

 

◎法被(はっぴ)を着用して雰囲気づくりも大切

                                  平成24年11月8日

法被(はっぴ)とは、日本の伝統衣装で、祭りなどの際に着用し、また、職人などが着用する印半纏(しるしばんてん)のことです。

 

当社では、はっぴもご用意しております。

大人用のものと、お子様用のものがあります。

 

昔、お祭りの際、子供ははっぴをきて鼻に白い縦線が引かれている姿をよく見かけましたね。

私も、祖母にされた記憶と写真が残っています。

今ではあまり見かけなくなりましたね。

 

お餅つきはめでたいイベントです。

お餅をつく際は、はっぴに袖を通して、お祭り気分を味わっていただきたいと思います。

◎おしるこもご準備出来ます。

                                  平成24年11月8日

絵餅つきでのサイドメニューとして、人気が高いおしるこ。

寒い季節、つきたてのお餅を入れ味わうおしるこは、体も温まりますし、甘い汁粉に心も温まります。

 

もちろん、おしるこにも皆様でついたお餅を使用するので、つきたての美味しいお餅をお雑煮でも食べて頂けます。

 

お餅つきの季節は外も寒いので、体が温まる一品があったら、来賓された方もうれしく思っていただけるのではないでしょうか?

 

当社のおしるこ、ぜひご賞味下さいませ。

 

お雑煮もご準備出来ますよ。

                                  平成24年11月6日

お雑煮は一年の無事を祈りお正月に食べる伝統的な日本料理です。

 

年末に神様を迎えるためにお供えした食べ物を、新年1番に汲んだ水と、新年の神聖な火で雑多に煮て食したもの。年神さまと一緒にそれをお下がりとしていただくことで、「今年も元気に生きられますよう」と縁起をかつぐ意味でいただき、1年の無病息災を祈ったとされるのがはじまりです。

 

お正月になると、私の家庭でもお雑煮を頂きます。

ただお雑煮を出されるから食べているだけなのと、意味を理解し頂くのでは違いますよね。

 

お雑煮を食べている時に、なぜお正月にお雑煮を食べるのか、説明してあげることで、文化というものは引き継がれるものなのではないでしょうか?

 

出張もちつき

◎伝統的和菓子~ずんだ餅を食べてにっこり

                                   平成24年11月3日

当社のお餅つきでは、きなこ、あんこ、ごま、海苔の他に、ご要望があれば、ずんだ餅をご準備することもできます。

 

ずんだは、枝豆またはそら豆をすりつぶして作ります。

「づんだ」「じんだ」「じんだん」「ヌタ」とも呼ばれていて、秋田県や、岩手県、宮城県、山形県、福島県および、栃木県などでも郷土料理として扱われています。当社で使用しているのは、山形産のずんだです。

 

昔は、ずんだを知らない方も多かったと思います。

最近では、ずんだを使ったずんだスイーツも開発されていて、伝統的な食べ方の他にも、ずんだ最中やずんだを使ったスナック菓子などもあるんですよ。

 

ご年配の方から、お子様まで美味しく食べて頂けるずんだ餅。

伝統的和菓子をご賞味くださいませ。

 

◎日本の伝統を今の子供達へ

                                  平成24年11月2日

お正月やおめでたい時に、お餅つきをするという日本の伝統を今の子供達に伝えたいとゴードンでは考えております。

 

昔はご家庭でお餅をついたりする光景が多く見られたと思います。

現在では、ほとんど見られなくなってしまいましたね。

 

子供達が、本物の臼や杵に触れることにより、次の世代にお餅つきの伝統を伝えるきっかけになってくれたらと思います。

 

本物の臼や杵に触れ、みんなでついたお餅を分け合い食べることの楽しさを少しでも感じてくれたらと思います。

 

 

 

餅つきブログ

◎餅つきいち子の合いの手・法

平成23年1月1日

 

  わたしが長年やってきた、合いの手を教えます(*^_^*)

 

  一見簡単そうに見えますが、実はけっこう力が要るものです。

  まず、蒸しあがったもち米を臼にあけこねながら米を潰します。

 

  この作業がポイント①

 

  ここのコネが足りないと餅をついた時に米粒が飛び散ったり、

  出来上がった時、粒が残るなど食感もよくありません。

  男性2人位で、時計回りに動くといいと思います。

 

  この作業が終わったらいよいよつき始めです。

 

  あいの手初心者の方は、

  つき手の人と同じ向きで行ったほうがいいでししょう。

  その時、掛け声などを決めておいたほうがタイミングも取りやすいです

 

  合いの手側には、時には危険が伴ないます。ポイント②

 

  頭や、手を打たれるんじゃないかと、怖い気持ちもあります。

  ですが、そんな気持ちでの合いの手はつきて手の人にも伝わります。

  つき手の人が遠慮がちになります。相手を信じることです。

 

  ついたら、返すを繰り返しますが、

  はじめは、餅を臼の中央に集める感じで手水をつけながら行います。

 

  水のつけすぎに注意!ポイント③

 

  つけすぎると餅がベチョベチョになって、コシのない餅になってしまいます。

  水は2回に1回程度でいいと思います。

  ある程度、粒々がなくなってきたら今度は返す作業を行っていきます

 

 

  私の合いの手法はここからです。

 

  ひっくり返すのは5回に1回程度。

  長年やってきたせいか、

  いつの間にか自分自身に、こだわりが出てくるようになりました。

 

  手の指先での返し、手の平でのたたき、拳を握って餅を真ん中に寄せる

  パンチ等々、回数を重ねるごとに、

  ただ餅を返す人ではなく【見せる合いの手】【楽しむ合いの手】

  を、するようになりました。

 

 

  ですが、合いの手の立ち位置は決して出しゃばりすぎないことです。

  合いの手は脇役!!

  主役は、つき手側なのです。

  いかにつく人に楽しんでもらうか?花をもたせるか?

  考えていくと、自然と瞬間的にベストな合いの手が出来るようになります。

  経験上、やはり数をこなし、いろんなつき手の人を見ること。

  人によって、やり方は違います。

  正解はありません。

  自分の合いの手を、みつけてください☆彡

 

 

 

◎磯辺もち大好き!

平成23年1月2日

 

  私は今まで、

  数多くのもちつき大会を、お手伝いをさせていただきました。

 

  お餅つきは、

  お子様からご年配の方まで楽しんでいただけるイベントです。

  都会に住んでいると、なかなか体験できることは少ないと思いますが、

  自分でついたお餅、つきたて餅は絶品です!!

 

  私が、2年続けてお伺いしたお客様で、

  磯辺餅が大好きなお子様がいらっしゃいました。

  1人で7~8個は召し上がっていたと思いますが、何ともシブイ=^_^=

  親御さんの話によると、家でも磯辺餅オンリーだとか(笑)

  将来、呑んべいさんになること間違いなし!

  小さな女の子が、「いそべもちください」と、7回も来るんですよ。

  本当にかわいいです。

 

 

  話は変わり最近のこと、お餅つきのお手伝いをさせていただいた際、  変   わった食材をご用意されていたお客様がいらっしゃいまいした。

 

  それは・・・きなこやあんこといった定番の他に、カレー、岩のリ、めんたいこ、  いちごジャム、チーズなどの様々なトッピングがあり、それぞれお餅にあうト   ッピングを見つけて、楽しんでいたようです。

 

  これは、面白いなぁと感じました。

  ちなみに、カレー餅は合うみたいですよ。

  是非、お試し下さい(*^_^*)

 

 

 

 

◎木臼 使用前後の注意

平成23年1月3日

新しく木臼を購入されたお客様向けの説明です。

 

使用する1~2日前に、臼を多めの熱湯で消毒してください。

熱湯を入れてしばらく(1~2時間)すると湯が赤茶色に変色しますが、欅のアクが溶出したもので心配いりません。

新しい欅臼特有の現象です。

使い込んでくれば無くなります。

熱湯消毒を3~4回繰り返して下さい。

 

使用後の保存ですが、欅臼は天然木なので乾燥させると割れ・ヒビ等発生することがあります。

また、乾燥を嫌ってビニール等をかぶせて密閉するとカビが発生します。割れ・ヒビとカビは相反するものです。

自然木は呼吸していると考えてください。

 

私が良いと思える方法は、臼の内側を霧吹きで湿らせてから食塩を1kg~2kg位、満遍なく振りかけてから(塩は湿気を帯びます)古毛布、または畳表、またはムシロで、胴を包んで大きいビニール袋に直径1㎝の穴を、上面に5~6ケ所、側面に15~20ケ所くらい開けてから、臼にかぶせて風通しの良い場所で保存する方法です。

 

この方法が良い様です。

年に何度か状態を見て管理してください。

驚くほど長持ちします。

 

 

◎出張もちつき in草津

平成23年1月4日

  昨年末、

  群馬県の草津温泉郷へ、餅つき大会のお手伝いに伺いしました。

  都心からは車で3時間程。

  草津と云えば・・・

 

  「草津よいとこ1度はおいで~♪」

 

  と、唄でもあるように、日本を代表する名泉です☆彡

  温泉街の中心に位置する湯畑は、情緒的な湯煙を舞い上げていました。

 

  今回ご依頼いただいたお客様は、その湯畑の目の前にある老舗飲食店。

  ここ3年程、毎年年末にご利用いただいております。

 

  冬の草津は、とても寒く、粉雪が舞っていたため、

  早くつかなけばお餅が冷えて、粒々が残ってしまいます。

  つき手はお客様にお願いしておりますが、今年で3年目ということもありとても  上手に搗かれていました。

 

  年末ということもあり、湯畑前は大勢の観光客でにぎわい、

  通りがかりのお客様にも、大勢参加していただきました。

  寒さを忘れ、ほっぺを真っ赤にしながらついていただいたお子様や、

  昔よくやったというご年配のお客様、若い女性の方々もお餅つきに参加して  下さいました。

  お餅を配る前から大行列となり、

  限定100名様に無料で配布するお餅も、「アッ」という間に売切れました。

  やはり、搗きたて餅は美味しいと大好評でした(^o^)

 

  余談ですが・・・

 

  後片付けをし、帰る時刻も夕方5時を回っていたため、せっかくだからと私た  ちは近くの温泉旅館で宿泊することにしました。

  足の感覚がなくなる程冷え切った私たちは、部屋へ着くなり温泉へGO♪

  なんとも贅沢!最高でした!

  翌日も餅つきイベントが控えていたため、私たちは朝6時半には宿を後にし  ましたが 「朝食をとれない」旨伝えると、宿のおかみさんがおにぎり弁当をも  たせてくれました。

  優しい心づかい・・・

  ほのかに温かいおにぎりを、車の中でいただきました。

 

  みなさん、草津は良いところです。

  まだ行かれた事がない方は、1度行ってみてはいかがでしょうか☆彡

 

  草津温泉は古くから、たくさんの人々の心と体を癒し続けてきた名湯です。

◎お餅の変わった食べ方

平成23年1月5日

みんなが大好きな、お餅♪

 

あんこやきなこ、お雑煮やおしることいった食べ方で召し上がる方がほとんどだと思います。

そこで今回は、簡単にできるお餅料理をご紹介したいと思います。

 

お正月に買ったけど食べきれなくてあまっている・・・・

ちょっと手を加えてみてはいかがでしょうか?

 

① 【みたらし団子】

お子様から大人まで大好きなおやつの1つです。

 

  醤油・砂糖 大さじ1

  片栗粉   小さじ1

  水      1/4

 

こちらをお鍋に入れ中火で煮立てるだけで、みたらしあんが完成です。

これなら、家にもあって簡単におやつが出来ちゃいます(*^_^*)

 

② 【餅ベーコン巻き】

こちらはお父さんのお酒のお供に嬉しい一品です♪

 

お餅を食べやすい大きさに切ってベーコンを巻いフライパンで焼くだけ(*^^)v

あとは、マヨネーズや醤油などお好みでつけて召し上がれ♪

 

③ 【餅チーズ春巻き】

春巻きの皮にお餅・チーズを入れてあとは春巻きのように巻いて

油で揚げます。

お好みの調味料でどうぞ♪

塩・黒こしょうがおすすめです(^-^)

 

ほかにもまだまだグラタンやピザなどがありますが、簡単にできるものとして3品あげてみました。

 

また、あらたな餅料理を作ってみてはいかがでしょうか?